必ず良くなって帰ってくる!という両親の願い



15歳の頃、わたしは拒食症でした。


月に一度、中目黒にある心療内科に通っていました。


原因は今となってはわたしにも、もう良くわかりません。


たぶん、自意識過剰になっていたのだと思います。


人の目がすごく気になって、どんどんダイエットにのめり込んでしまい、そこから抜け出せなくなってしまいました。


それでいよいよ入院しなくちゃならないかも、という時に、アメリカのボストンに住んでいた叔母(母の妹)から、アメリカに来ない?と連絡があったのです。


母はとっても心配だったと思います。
ただでさえ、心配症の母でしたから。


でも父は、叔母からの提案に大賛成してくれました。


何故だかわからないけれど直感で、アメリカに行けば必ず良くなって帰って来る!と思ったのだそうです。


こうしてわたしは15歳の夏休みをアメリカで過ごすことになりました。


つづく☺︎
昨日はママ夢ラジオ、楽しかったな♡
里美さん、メイクありがとう。


#サマーキャンプ #ジュニアキャンプ #留学 #子ども留学 #海外留学 #海外経験 #英語 #英語教育 #バイリンガル #インターナショナルスクール #子ども #子育て #小学生 #中学生 #15歳 #拒食症 #摂食障害

0コメント

  • 1000 / 1000